建設業社会保険未加入対策相談室(横浜・神奈川・東京) TOP > よくある質問 > 社会保険の調査とはどのような調査なのか

社会保険の調査とはどのような調査なのか

Q. 社会保険の調査とはどのような調査なのか

当社は半年前に社会保険に新規に加入しましたが、このたび年金事務所から調査の連絡がありました。どのような調査ですか?

 

A. 加入が適切に行われているかの総合調査

 

社会保険に加入した事業所に対しては、原則として、加入1年以内に適切に加入しているか等を確認するための総合調査が行われます。調査で求められる書類は、出勤簿、賃金台帳、労働者名簿、雇用契約書、源泉所得税領収書、就業規則などです。これらの書類に基づき、①対象者は漏れなく適正に届出されているか ②資格取得日が雇い入れ年月日と相違ないか ③報酬の届出は適正か ④保険料の滞納はないか- などが確認されます。下請企業の中には、所得税を控除し給与所得として支払っていながら、現場では一人親方として扱い、社会保険に加入させないなど、雇用と請負が曖昧になっているケースも見受けられます。実態が雇用と判断されるようなケースは、新規適用日まで遡及して加入することになりますから、適切な取り扱いをすることが大切です。

 

建設業社会保険未加入対策相談室(横浜・神奈川・東京) :2013年2月 3日

supported by ホームページリニューアルセンター